Yahoo!広告 API v2システムリリース完了のお知らせ

文書管理番号:APIJ-FY20-2050

お客様各位

平素は弊社サービスに多大なるご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

先般、「Yahoo!広告 API v2システムリリースのお知らせ」(文書管理番号:
APIJ-FY20-2038)でお伝えしたとおり、Yahoo!広告 APIの新バージョンを
リリースいたしました。
詳細を下記のとおりお知らせいたしますので、ご確認ください。

今後ともYahoo!広告をよろしくお願いいたします。

               記

1.対象サービス:
 Yahoo!広告 検索広告 API
 Yahoo!広告 ディスプレイ広告 API

2. リリースのバージョン:
 v2

3.実施日:
 2020年7月20日(月)

4. 概要:

 ■検索広告 API
 ・広告グループ単位の自動入札の目標値設定に対応
  AdGroupServiceのAdGroupオブジェクトに、以下の項目を追加し
  ました。
   targetRoasOverride
   targetCpaOverride
  これにより、キャンペーンの入札方法が「自動入札:コンバージョン単価の
  目標値」および「自動入札:広告費用対効果の目標値」の場合、配下の広告
  グループで個別の目標値が設定可能になります。
  ※広告管理ツールでは2020年5月に提供を開始しました。詳細は以下のお
  知らせをご覧ください。
  【検索広告】広告グループでの自動入札の目標値設定について
  https://promotionalads.yahoo.co.jp/support/release/831511.html

 ・月額課金の予算変更に対応
  月額予算は、accountTypeがINVOICEの場合のみ変更可能です。また、予算額
  は1000円単位で指定する必要があります。

 ・認可したビジネスIDの取得に対応
  AccountServiceのAccountServicePageオブジェクトに、
  authorizationBusinessId項目を追加しました。これにより、アプリケー
  ションに対してYahoo!広告へのアクセスを認可したYahoo! JAPANビジネスID
  の取得に対応しました。

 ・広告関連の一部項目名を変更
  AdGroupAdServiceのAdGroupAdServiceAdオブジェクトにおいて、以下の項目
  名を変更しました。
  従来     変更後
  headline   headline1
  description description1

 ・BidLandscapeServiceを提供終了
  BidLandscapeServiceの提供を終了しました。

 ・システムの保守、改善
  システムの保守、改善として、以下を実施しました。
  - TargetingIdeaServiceのGET時のレスポンスで、
   TargetingIdeaServiceProposalKeywordオブジェクトから
   keywordMatchTypeを削除
  - CampaignTargetServiceでCampaignTargetServiceNetworkCoverageType
   (広告掲載方式)に以下の項目を追加
   SEARCH_NETWORK(Yahoo!検索を含むすべての広告掲載方式)

  - CampaignExportServiceのgetExportFieldsにおけるHTTPメソッドをGETから
   POSTに変更
  - AccountServiceにエラーコード(212001)の追加


 ■Yahoo!広告 ディスプレイ広告 API
 ・月額課金の予算変更に対応
  月額予算は、accountTypeがINVOICEの場合のみ変更可能です。また、予算額
  は1000円単位で指定する必要があります。

 ・認可したビジネスIDの取得に対応
  AccountServiceのAccountServicePageオブジェクトに、
  authorizationBusinessId項目を追加しました。これにより、アプリケー
  ションに対してYahoo!広告へのアクセスを認可したYahoo! JAPANビジネスID
  の取得に対応しました。

 ・AccountAuthorityServiceの追加
  ディスプレイ広告のアカウント権限を操作するAccountAuthorityServiceを
  新たに追加しました。
  これに伴い、AccountServiceのAccountオブジェクトから
  「accountAuthorities」項目を削除しました。

 ・パフォーマンスレポートの「年齢」項目の一部範囲を変更
  パフォーマンスレポート作成時に「年齢」を指定した場合、これまで
  「~5歳」と「6歳~12歳」の範囲に分けて集計していた年齢範囲を、実施日
  以降は「~12歳」にまとめて集計する形に変更しました。

 ・ビュースルーコンバージョンの追加
  新たな効果測定数値として
  ビュースルーコンバージョン(viewThroughConversions)を追加しました。
  詳細は以下のお知らせを参照してください。
  なお数値を取得できるのは、本件の実施日以降となります。
  【ディスプレイ広告】統計項目「ビュースルーコンバージョン」の追加について
  https://promotionalads.yahoo.co.jp/support/release/841132.html

 ・システムの保守、改善
  システムの保守、改善として、以下を実施しました。
  - AdGroupServiceの一部内容の変更
   AdGroupServiceValueオブジェクトのisRemoveFeedSetId項目を削除
   AdGroupTypeのEnum名をAdGroupServiceBidTypeに変更

  - ReportDefinitionServiceの一部内容を変更
   一部の項目名などを検索広告 APIと統一
   今後の機能追加のため、ReportDefinitionオブジェクトのdateRangeTypeに
  「通期」を追加

  - 以下のサービスに「isRemoveDescription」項目を追加
   PlacementUrlListService
   RetargetingListService
   SearchKeywordListService

 ・一部サービス内のHTTPメソッドをGETからPOSTに変更

 各機能および保守案件などの詳細は、リリースノートおよびリファレンスを
 ご確認ください。

 ■リリースノート
 ・検索広告 API
 https://ads-developers.yahoo.co.jp/developercenter/ja/developers-guide/ysa-v2.html
 ・ディスプレイ広告 API
 https://ads-developers.yahoo.co.jp/developercenter/ja/developers-guide/yda-v2.html
 
 ■リファレンス
 ・検索広告 API
 https://ads-developers.yahoo.co.jp/reference/ads-search-api/
 ・ディスプレイ広告 API
 https://ads-developers.yahoo.co.jp/reference/ads-display-api/

5. Yahoo!広告 API v0の終了について:
 Yahoo!広告 API v0の提供を、以下の日程で終了いたします。
 サポート終了日:2020年8月31日(月)
 システム終了日:2020年11月19日(木)

                              以上