検索広告 API v2 リリースノート

リリースバージョン

v2

リリース日

2020年7月20日(月)

本リリースの主な内容

※オブジェクトなどの詳細は、リファレンスをご確認ください。

1. 広告グループ単位の自動入札の目標値設定に対応

キャンペーンの入札方法が「自動入札:コンバージョン単価の目標値」および「自動入札:広告費用対効果の目標値」の場合、配下の広告グループで個別の目標値が設定可能になりました。
機能の詳細は、以下のお知らせを参照してください。
【検索広告】広告グループでの自動入札の目標値設定について

対象サービス
AdGroupService
 AdGroupオブジェクトに以下の項目を追加
 - targetRoasOverride(広告費用対効果の目標値)
 - targetCpaOverride(コンバージョン単価の目標値)

2. 月額課金の予算変更に対応

月額課金の予算変更に対応しました。
月額予算は、accountTypeがINVOICEの場合のみ変更可能です。 また、予算額は1000円単位で指定する必要があります。

対象サービス
AccountService
 - budget項目の指定による月額予算の変更に対応
 - エラーコード(212001)の追加

3. 認可したビジネスIDの取得に対応

アプリケーションに対してYahoo!広告へのアクセスを認可したYahoo! JAPANビジネスIDの取得に対応しました。

対象サービス
AccountServicese
 AccountServicePageオブジェクトに、authorizationBusinessId項目を追加

4. 広告関連の一部項目名を変更

AdGroupAdServiceのAdGroupAdServiceAdオブジェクトにおいて、以下の項目名を変更しました。

変更前変更後
headline headline1
description description1

対象サービス
AdGroupAdService

5. BidLandscapeServiceを提供終了

BidLandscapeServiceの提供を終了しました。

対象サービス
BidLandscapeService

6. システムの保守、改善

以下の変更を実施しました。

・CampaignExportService
 サービスのHTTPメソッドを統一するため、getExportFieldsのHTTPメソッドをGETからPOSTに変更

・CampaignTargetService
 CampaignTargetServiceNetworkCoverageType(広告掲載方式)に以下の項目を追加
 - SEARCH_NETWORK(Yahoo!検索を含むすべての広告掲載方式)

・TargetingIdeaService
 GET時のレスポンスで、TargetingIdeaServiceProposalKeywordオブジェクトからkeywordMatchTypeを削除

検索広告 API v0の提供終了について

以下の日程で検索広告 API v0のサポート、およびシステムの提供を終了いたします。
・サポート終了日:2020年8月31日(月)
・システム終了日:2020年11月19日(木)

なお、スポンサードサーチAPI(SOAP版)のV201909は2020年6月30日にサポートを終了しています。
また、V201901およびV201909は、2020年9月30日にシステム終了予定です。