リクエストの制約(QPS)

Yahoo!広告 APIでは、APIサービスの種別ごとに1秒間のリクエスト数(QPS)に上限を設けています。
各種別の上限につきましては以下表をご参照ください。
なお、検索広告 APIとディスプレイ広告 APIは、別のサービスとしてリクエスト数を計上します。
 例:
 ・ReportDefinitionServiceがQPSを超過している間も、種別が異なるため、AccountServiceなどはリクエストが可能です。
 ・検索広告 APIのAdGroupAdServiceでQPSが上限値に達した場合も、ディスプレイ広告 APIのAdGroupAdServiceではリクエストが可能です。

APIサービスの種別について

Yahoo!広告 APIの各サービスは、アカウント系、入稿系、提案系、レポート系のいずれかに分類されています。
ご利用のサービスがどの種別に該当するかは、Yahoo!広告 APIのリファレンスで確認できます。

種別リクエストの制約(QPS)上限リファレンスのラベル表示サービス例
アカウント系 検索広告 「最大5件/秒」
ディスプレイ広告 「最大5件/秒」
AccountService
AccountTrackingUrlService
入稿系 検索広告 「最大5件/秒」
ディスプレイ広告 「最大5件/秒」
AdGroupAdService
AdGroupCriterionService
提案系 検索広告 「最大1件/秒」
ディスプレイ広告 「最大5件/秒」
SearchKeywordIdeaService
PlacementUrlIdeaService
レポート系 検索広告 「最大5件/秒」
ディスプレイ広告 「最大5件/秒」
ReportDefinitionService


上限数を変更したい場合は、こちらからお問い合わせください。

リクエスト数を超過した場合

リクエスト数を超過した場合、以下のエラーメッセージが表示されます。

・HTTP Statusコード:403
・エラーコード:0003
・エラーメッセージ:Frequency limit exceeded. Please try your request again later.

この場合は、30秒以上時間をおいてから、再度リクエストを実施してください。また、お使いのアプリケーションからのリクエスト数を減らすことをご検討ください。