検索広告 API v3 リリースノート

リリースバージョン

v3

リリース日

2020年10月20日(火)

本リリースの主な内容

※オブジェクトなどの詳細は、リファレンスをご確認ください。

1. 動的検索連動型広告の指定方法を拡充

対象となるウェブページの指定方法に、「ドメイン全体」「ドメイン全体とページフィードを併用」を追加します。また、ターゲット設定に「URLと一致する」を追加します。
機能についての詳細は、以下を参照してください。
【検索広告】動的検索連動型広告「ドメイン全体」指定の正式提供について

対象サービス

・AdGroupWebpageService
 AdGroupWebpageServiceOperatorでwebpageConditionTypeがURLの場合、EQUALSの指定が可能

・CampaignService
 CampaignServiceDasUseUrlsTypeにTOP_DOMAIN_ONLYを追加 

・CampaignWebpageService
 CampaignWebpageServiceWebpageOperatorでtypeがURLの場合、EQUALSの指定が可能 

2. システムの保守、改善

以下の変更を実施しました。

・AccountService
 リクエストとレスポンスからbudgetを削除し、アカウント予算の取得、更新機能を停止

・AdGroupAdService
 - AdGroupAdServiceSelectorにCreatedDateRangeを追加し、広告の作成日付での絞り込み検索に対応
 - AdGroupAdにcreatedDateを追加
 - 全アクションの disapprovalReasonCodesを従来の10件から30件に増加。
  審査否認時の否認理由をキーワードと広告それぞれで最大30件まで取得でき、再審査依頼などで参照が可能に。

・AdGroupCriterionService
 全アクションの disapprovalReasonCodesを従来の10件から30件に増加。
 審査否認時の否認理由をキーワードと広告でそれぞれ最大30件まで取得でき、再審査依頼などで参照が可能に。

・AdGroupService
 - AdGroupServiceSelectorにCreatedDateRangeを追加し、広告グループの作成日付での絞り込み検索に対応
 - AdGroupにcreatedDateを追加

・BudgetOrderService
 新規サービスとして追加。アカウント予算の取得、更新などが可能

・CampaignExportService
 HEADLINE、DESCRIPTION_ETA、DESCRIPTIONの提供を終了

・CampaignService
 - CampaignServiceSelectorに CreateDateRangeを追加し、キャンペーンの作成日付での絞り込み検索に対応
 - CampaignにcreatedDateを追加

・ReportDefinitionService
 TITLE、DESC、DESCRIPTIONの提供を終了

検索広告 API v1の提供終了について

以下の日程で検索広告 API v1のサポート、およびシステムの提供を終了いたします。

・サポート終了日:2020年11月30日(月)
・システム終了日:2021年3月22日(月)

また、以前にお伝えしたとおり、Yahoo!広告 API v0を以下の日程で終了します。
・システム終了日:2020年11月19日(木)
 ※サポートは終了済みです。