検索広告 API v1 リリースノート

リリースバージョン

v1

リリース日

2020年2月20日(木)

本リリースの主な内容

※オブジェクトなどの詳細は、リファレンスをご確認ください。
Yahoo!広告 検索広告 API正式版のリリースに伴い、以下の各機能に対応しました。

1. オフラインコンバージョンのインポート機能に対応

ウェブサイト外で発生したコンバージョン(オフラインコンバージョン)のデータを、広告をクリックしたユーザーを識別するパラメータ「YCLID」と関連付けて、広告管理ツールにインポートする機能に対応しました。
同機能の詳細は以下をご参照ください。
オフラインコンバージョンのインポート機能の提供開始について

対象サービス
OfflineConversionService

2. 拡大テキスト広告の機能変更対応

2020年春頃に予定している拡大テキスト広告の機能変更に伴い、 AdGroupAdService のExtendedTextAdに、以下のフィールドを追加しました。
 ・headline3 (タイトル3)
 ・description2 (説明文2)

対象サービス
AdGroupAdService

3. システムの保守、改善

以下の変更を実施しました。

• AccountServiceの検索条件にaccountNameを追加しました。

• DictionaryService のgetDisapprovalReasonでリクエストにstartIndexとnumberResultsの各フィールドを追加し、検索条件でページングに対応しました。

• Report DefinitionServiceで、addリクエストのsortFieldsを、1~5の間で指定可能に変更しました。

• レポートフィールドに以下の項目を追加しました。
 ・ACCOUNT_ID (アカウントID)
 ・ACCOUNT_NAME (アカウント名)

対象サービス
• AccountService
• DictionaryService
• ReportDefinitionService

*補足

従来のYahoo!プロモーション広告APIは、2020年内にシステム終了する予定です。お客様には大変お手数をおかけしますが、Yahoo!広告 APIへの早期の移行をご検討ください。移行に関する詳細は、以下をご参照ください。
Yahoo!広告 APIへの移行について