■更新履歴
2022年3月31日:「広告の品質の決定要素の追加」の実施日が変更になりました。全てのアカウントへの変更が完了次第お知らせいたします。
        変更前:3月末までに順次変更予定
        変更後:5月末までに順次変更予定
2022年3月17日:「(2)品質インデックスの構成要素の追加」について、実施完了しました。
2022年2月28日:記事の掲載を開始しました。
----------------------------------------------------------------

文書管理番号:APIJ-FY21-2324

お客様各位

平素は弊社サービスに多大なるご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

このたび弊社では、検索広告において、広告の品質と品質インデックスに
新しい要素を追加いたします。詳細を下記のとおりお知らせいたしますので、
ご確認ください。

今後ともYahoo!広告をよろしくお願いいたします。

               記

1. 対象サービス:
 Yahoo!広告 検索広告

2.概要:
 検索広告に、品質関連の新しい要素が追加になります。

 (1)広告の品質の決定要素に「ランディングページの利便性」が追加
  されます。
 
  ■実施日(予定)
   3月末までに順次変更予定
   ※お客様のアカウントにいつ新しい要素が追加されるかについては
    お答えできません。
   ※日程は変更になる場合があります。

 (2)品質インデックスを構成する要素に「ランディングページの利便性」
  が追加されます。
  また、「ランディングページの利便性」と「広告の関連性」について、
  評価を確認できるようになります。評価は「平均より上」「平均値」
  「平均より下」のいずれかで表示されます。

  ■品質インデックスで評価を確認できる要素の詳細
   ランディングページの利便性:
    ユーザーにとってランディングページの利便性が高いかどうかの
    評価項目
   広告の関連性:
    検索クエリーと広告文の関連性が高いかどうかの評価項目

  ■広告管理ツールのキーワード一覧画面に追加される指標
   ランディングページの利便性
   広告の関連性

  ■パフォーマンスレポートのキーワードレポートに追加される指標
   ランディングページの利便性
   ランディングページの利便性(履歴)
   広告の関連性
   広告の関連性(履歴)
   ※「履歴」と付く項目は、指定したレポート期間中の最後の評価を
    表示します。
 
  ■実施日(予定)
   2022年3月16日(水)
   ※日程は変更になる場合があります。

3. Yahoo!広告 検索広告 APIについて:
 本リリースに伴う影響は以下のとおりです。
 ・対象バージョン:v6、v7
 ・対象サービス:ReportDefinitionService
 ・影響内容:キーワードレポートに以下の項目が追加されます。
   CREATIVE_QUALITY_SCORE:広告の関連性
   HISTORICAL_CREATIVE_QUALITY_SCORE:広告の関連性(履歴)
   POST_CLICK_QUALITY_SCORE:ランディングページの利便性
   HISTORICAL_LANDING_PAGE_QUALITY_SCORE:ランディングページの
    利便性(履歴)

4. 補足:
 ・広告の品質と品質インデックスへの新しい要素追加についての詳細は、
  以下のPDFファイルをダウンロードしてご確認ください。
  https://s.yimg.jp/images/ads-promo_edit/support/pdf/202202_YSA_adding_factors_quality_index.pdf

 ・広告の品質、および品質インデックスについては、以下のヘルプページ
  をご参照ください。
  広告の品質について
  https://ads-help.yahoo.co.jp/yahooads/ss/articledetail?lan=ja&aid=1045
  品質インデックス
  https://ads-help.yahoo.co.jp/yahooads/ss/articledetail?lan=ja&aid=1043

                              以上