ディスプレイ広告 年齢ターゲティング新形式への強制変換と広告グループ編集制限開始のお知らせ

文書管理番号:APIJ-FY21-2256

お客様各位

平素は弊社サービスに多大なるご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

先般お知らせしましたとおり、2021年10月4日より年齢ターゲティング
新形式への強制変換を開始いたしました。
詳細を下記のとおりお知らせいたしますのでご確認ください。

今後ともYahoo!広告をよろしくお願いいたします。

               記

1. 対象サービス:
 Yahoo!広告 ディスプレイ広告

2. 実施日:
 2021年10月4日(月)より順次

3. 概要:
 ディスプレイ広告(運用型)において年齢ターゲティング新形式への
 強制変換を開始いたしました。
 また、強制変換開始に伴い、以下に該当する広告グループの設定項目
 が一部編集できなくなりました。

 ・ディスプレイ広告(運用型)の場合
  旧形式の年齢ターゲティングを設定している広告グループ
 ・ディスプレイ広告(予約型)の場合
  2021年9月末までに配信を終了した広告商品(旧形式の年齢ターゲ
  ティングを設定中)の広告グループ

 スケジュール、および広告グループの編集制限については以下を
 ご確認ください。

 ・2021年10月4日から順次(~2021年10月20日終了予定)
  ディスプレイ広告(運用型)の旧形式の年齢ターゲティングが設定
  されている広告グループに対して、新形式への強制変換が開始され
  ました。
  強制変換のルールはこちらの資料(PDF)をダウンロードしてご確認
  ください。  

 ・2021年10月4日より
  旧形式の年齢ターゲティングが設定されている広告グループの設定
  項目が、ディスプレイ広告 APIにおいて一部編集できなくなりました。
  詳細はこちらの資料(PDF)をダウンロードしてご確認ください。  

 ・2021年10月20日
  性別ターゲティングの推定ユーザー設定機能の提供を終了いたします。

4. ディスプレイ広告 APIにおける変更点:
 ■実施日
  2021年10月20日

 ■変更内容
 (1)旧形式の年齢区分設定について
  旧形式の年齢区分をadd、またはreplaceした場合、「INVALID ENUM」
  エラーが返却されます。
  ・対象バージョン
   v4以降
  ・対象サービス
   AdGroupTargetService

 (2)推定ユーザー(推定フラグ)設定について
  AdGroupTargetServiceのadd、set、replaceでAdGroupTargetServiceEstimateFlg
  (推定フラグ)を指定した性別の推定機能は廃止されます。
  機能廃止後は、リクエスト時の推定フラグ指定は無視され、常に「NULL」
  が返却されます。
  また、getリクエストでターゲティング設定を取得した場合、推定フラグ
  指定のターゲティング設定は取得されなくなります。

  ・対象バージョン
   全てのバージョン
  ・対象サービス
   AdGroupTargetService

  ※2021年9月8日のお知らせ内容を一部変更、補完しました。

5. 補足:
 ・強制変換はディスプレイ広告(運用型)のみが対象ですが、
  広告グループ編集制限の対象にはディスプレイ広告(予約型)も
  含まれますのでご注意ください。
 ・本お知らせに記載されているスケジュールは変更になる場合があります。
 ・本件に関する前回のお知らせは以下をご確認ください。
  ディスプレイ広告 年齢ターゲティング新形式への強制変換と推定ユーザー設定機能の提供終了について

                              以上