検索広告 広告入稿時のエラー判定変更について

文書管理番号:APIJ-FY20-2165

お客様各位

平素は弊社サービスに多大なるご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

このたび弊社では、検索広告において、広告入稿時の記号に関するエラー
判定を変更いたします。詳細を下記のとおりお知らせいたしますのでご確
認ください。

今後ともYahoo!広告をよろしくお願いいたします。

               記

1. 対象サービス:
 Yahoo!広告 検索広告

2. 実施日(予定):
 2021年2月24日(水)
 ※日程は変更になる場合があります。

3. 概要:
 AdGroupAdServiceのadd/setにて、記号を含む広告のエラー判定を変更い
 たします。
 
 (変更前)
 同一記号の連続使用など、不適切な記号が含まれる広告文は審査時に否認

 (変更後)
 同一記号の連続使用や、括弧が対になっていないなどの不適切な記号の
 使用は、入稿時にエラーになる
 ※Yahoo!広告 検索広告 APIでは、以下のエラーコードが返却されます。
  code: F0001、message:Invalid format.

 例:
 タイトルに「あいうえお!!!!!」と入れた場合
 ・現在:入稿は完了し、その後の審査時に否認
 ・変更後:入稿時点でエラーを返却

 入稿時点で修正が必要な箇所が分かるため、スムーズな修正対応が可能
 になります。

                              以上