アクティブアカウント移管 受付開始のお知らせ

文書管理番号:APIJ-FY20-2107

お客様各位

平素は弊社サービスに多大なるご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

先般、「アクティブアカウント移管開始のお知らせ(文書管理番号:APIJ-
FY20-2103)」にてお伝えしたとおり、Yahoo!広告においてアクティブアカ
ウント移管の対応を開始いたしました。
詳細を下記のとおりお知らせいたしますのでご確認ください。

今後ともYahoo!広告をよろしくお願いいたします。

                記

1. 対象サービス:
 Yahoo!広告 検索広告
 Yahoo!広告 ディスプレイ広告(運用型)
 Yahoo!広告 ディスプレイ広告(YDN)

2. 受付開始日:
 2020年10月28日(水)
 ※初回のアカウント移管は、2020年12月1日(火)実施予定です。
 12月1日移管希望の場合、申請の締め切りは10月31日(土)です。
 初回は申請受付期間が短いためご注意ください。
 
3. 概要:
 「アクティブアカウント移管」の手続きを行うと、アカウント配下の入稿
 物や過去の実績、履歴などを含むアカウント情報を、アカウントを解約す
 ることなく他の企業へ移管できます。
 本手続きで移管元企業から移管先企業へのアカウント移管を行うタイミン
 グは、毎月1日です。任意の日付での移管は行えません。土日祝日を問わず、
 必ず毎月1日を移管日とします。

 以下のサービスのアカウントが、アクティブアカウント移管の対象となり
 ます。

 検索広告
 ディスプレイ広告(運用型)
 ディスプレイ広告(YDN)

 ・アカウントの契約状況が「サービス中」または、「終了」になってから
  13カ月以内のアカウントのみ移管可能です。
 ・移管するアカウントでYahoo!タグマネージャーを利用している場合、
  Yahoo!タグマネージャーもあわせて移管する必要があります。

4. 移管申請フォームについて
 移管申請は、以下のヘルプの「アカウント移管の申請フォームはこちら」
 のリンクから行えます。
 アカウントを移管する アクティブアカウント移管の流れ
 https://ads-help.yahoo.co.jp/yahooads/search/articledetail?lan=ja&aid=69504#c03

5. 注意事項:
 移管日以降は、移管先企業のみがYahoo!広告APIを利用してアカウントに
 アクセスできますが、トークンを発行すると、移管元企業も継続してアカ
 ウントにアクセスできます。
 ※移管先企業のYahoo!広告API利用にあたっては、Yahoo! JAPANビジネスID
  の認可が必要です。
 ※ツール提供会社と移管元および移管先企業の間の契約やデータ移管に
  関しては、当アカウント移管の手続きの対象外です。

6. 補足:
 アクティブアカウント移管の手続きに際しては、対象アカウントの支払い
 方法の違いによる注意点や移管前後の期間の制限事項などがあります。
 詳細は、以下のヘルプをご参照ください。
 アカウントを移管する
 https://ads-help.yahoo.co.jp/yahooads/search/articledetail?lan=ja&aid=69504
 アカウント移管時の注意点
 https://ads-help.yahoo.co.jp/yahooads/search/articledetail?lan=ja&aid=69507

                              以上