ディスプレイ広告 動画再生を目的としたキャンペーンにおける入札価格の設定可能範囲と動画項目名の変更

■更新履歴
・2020年11月11日:本件の実施を完了しました。
・2020年11月4日:記事の掲載を開始しました。
-----------

文書管理番号:APIJ-FY20-2104

お客様各位

平素は弊社サービスに多大なるご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

このたび弊社では、ディスプレイ広告の動画再生を目的としたキャンペーン
において、入札価格の設定可能範囲を変更します。
また、動画に関する一部指標の項目名を変更します。
詳細を下記のとおりお知らせいたしますのでご確認ください。

今後ともYahoo!広告をよろしくお願いいたします。

               記

1. 対象サービス:
 ディスプレイ広告

2. 実施日(予定):
 2020年11月11日(水)
 ※日程は変更になる場合があります。

3. 入札価格の設定可能範囲を変更:
 ディスプレイ広告の動画再生を目的としたキャンペーンにおいて、
 入札価格の設定可能範囲を以下のとおり変更いたします。
 これにより設定可能な入札価格の範囲が拡大し、より柔軟な価格設定
 が可能になります。

 ■Yahoo!広告 ディスプレイ広告 API 対象バージョン
  公開中の全てのバージョン

 ■変更対象
  ・ディスプレイ広告(運用型):キャンペーン目的「動画再生」
  ・ディスプレイ広告(YDN):広告掲載方式「動画広告」「PCブランドパネル(動画)」

 ■変更内容
  ・入札価格の下限値
  (変更前)1,000円
  (変更後)100円
  ・入札価格の上限値
  (変更前)100,000円
  (変更後)1,000,000円
  ※上記は動画1000再生あたりの入札価格です。

 ■ご注意
  動画再生を目的としたキャンペーンで入札価格調整率を設定して
  いる場合、調整後の入札価格も設定可能範囲に合わせ、拡大して調整
  されます。
  調整後の入札価格に変更が生じる可能性がありますので、事前に設定
  内容のご確認をお願いいたします。

4. 動画項目名の変更:
 ReportDefinitionService、およびStatsServiceで取得できる一部指標
 の日本語表示名を変更します。

 ■Yahoo!広告 ディスプレイ広告 API 対象バージョン(予定)
  v4以降
  ※v4リリース予定については詳細が決まり次第、あらためてお知らせします。

 ■変更内容
  (変更前)動画の平均再生開始率
  (変更後)動画の平均再生率
  ※指標の説明:広告配信した動画が再生された割合の平均値

 ■補足
  本変更は日本語表示名のみの変更です。
  項目の定義や算出される数値については変更ありません。
  また、フィールド名、英語表示名も変更ありません。

                              以上