ディスプレイ広告 API v1 リリースノート

リリースバージョン

v1

リリース日

2020年2月20日(木)

本リリースの主な内容

※オブジェクトなどの詳細は、リファレンスをご確認ください。
Yahoo!広告 ディスプレイ広告 API正式版のリリースに伴い、以下の各機能に対応しました。

1. レポートで当日分の実績値に対応

ReportDefinitionServiceで、リクエストのTODAY(今日)のデータを追加しました。
startDate、endDateに当日の日付を指定するか、dataRangeTypeにTODAYを指定することで、当日のデータを取得できます。

対象サービス
ReportDefinitionService

2. 操作履歴の取得に対応

新たにAuditLogServiceを追加し、操作履歴の取得に対応しました。

対象サービス
AuditLogService

3. YDNキャンペーンから運用型キャンペーンへの変換に対応

新たにCampaignMigrationServiceを追加し、ディスプレイ広告(YDN)からディスプレイ広告(運用型)へのキャンペーン形式の変換に対応しました。

対象サービス
CampaignMigrationService

4. 動的ディスプレイ広告で、商品リストアップロードの上限回数表示に対応

FeedServiceのgetレスポンスに、uploadLimitsフィールドを追加しました。これにより、アップロード種別や、アップロード回数の上限、商品リスト行数の上限を表示できるようになりました。

対象サービス
FeedService

5. システムの保守、改善

以下の変更を実施しました。
• AccountServiceの検索条件に accountNameを追加しました。

• 以下のフィールドについて、typeをEnumからStringに変更しました。
  AdGroupTargetServiceのaudienceCategoryType
  DictionaryServiceのaudienceCategoryType
  StatsServiceのaudienceCategoryType

• DictionaryService のgetDisapprovalReasonリクエストに以下のフィールドを追加し、検索条件のページングに対応しました。
  startIndex
  numberResults

• ReportDefinitionServiceのaddリクエストのsortFieldsを、1~5の間で指定可能になりました。また、ReportDefinitionServiceReportSortFieldとReportDefinitionServiceReportSortTypeを使って指定する形に変更しました。

• 今後の機能追加のため、StatsServiceのgetレスポンスに以下のフィールドを追加しました。
  impressionShare
  budgetImpressionShareLostRate
  rankImpressionShareLostRate

• 今後の機能追加のため、CampaignServiceのgetレスポンスにconversionOptimizerTrainingStatusフィールドを追加しました。
※機能追加については、詳細が決まりましたら別途お知らせします。

対象サービス
• AccountService
• AdGroupAdService
• AdGroupService
• AdGroupTargetService
• CampaignService
• DictionaryService
• ReportDefinitionService
• StatsService

*補足

従来のYahoo!プロモーション広告APIは、2020年内にシステム終了する予定です。お客様には大変お手数をおかけしますが、Yahoo!広告 APIへの早期の移行をご検討ください。移行に関する詳細は、以下をご参照ください。
Yahoo!広告 APIへの移行について