ディスプレイ広告(運用型) SKAdNetworkによるビュースルーコンバージョン計測への対応など機能改善について

■更新履歴
2022年6月30日:本件の実施完了に伴い、記事を更新しました。
2022年6月21日:記事の掲載を開始しました。
----------------------------------------------------------------

文書管理番号:APIJ-FY22-2249

お客様各位

平素は弊社サービスに多大なるご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

このたび弊社では、ディスプレイ広告(運用型)において、SKAdNetwork
によるビュースルーコンバージョン計測に対応しました。
また、SKAdNetwork計測が可能な広告効果測定ツールを追加しました。
詳細を以下のとおりお知らせいたしますので、ご確認ください。

今後ともYahoo!広告をよろしくお願いいたします。

               記

1. 対象サービス:
 Yahoo!広告 ディスプレイ広告(運用型)

2. SKAdNetworkによるビュースルーコンバージョン計測:
 (1)実施日
  2022年6月末より順次実施

 (2)概要
  SKAdNetworkによるビュースルーコンバージョン計測に対応しました。
  これにより、広告の表示(インプレッション)を起因とした、
  iOSアプリのインストールが計測可能になりました。
  
3. SKAdNetwork計測が可能な広告効果測定ツールの追加:
 (1)実施日
  2022年6月29日(水)

 (2)概要
  SKAdNetwork計測が可能な広告効果測定ツールに以下を追加しました。
  ・Branch Universal Ads(Branch Metrics)
  ・Kochava(Kochava)
   ※括弧内はツール提供企業名

4. 補足:
 ・SKAdNetwork計測については以下のヘルプをご確認ください。
  iOSアプリのSKAdNetwork計測対応について
 ・本件の詳細については以下の資料をダウンロードしてご確認ください。
  SKAdNetworkのバージョンアップ対応・および計測可能な広告効果測定ツールの追加について

                              以上