検索広告 マッチタイプの一部変更について

文書管理番号:APIJ-FY21-2118

お客様各位

平素は弊社サービスに多大なるご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

このたび弊社では、検索広告のマッチタイプにおける絞り込み部分一致を終了し、
フレーズ一致と統合します。併せて、フレーズ一致の動作を拡大し、より柔軟な
広告配信に対応します。
詳細を下記のとおりお知らせいたしますので、ご確認ください。

今後ともYahoo!広告をよろしくお願いいたします。

                記

1. 対象サービス:
 Yahoo!広告 検索広告

2. 実施日(予定):
 2021年6月~7月ごろ
 ※詳細は「4. 統合の予定」をご覧ください。なお、日程は変更になる場合が
  あります。

3. 概要:
 検索広告のマッチタイプにおける「絞り込み部分一致」を終了し、「フレーズ
 一致」と統合します。マッチタイプに絞り込み部分一致を指定していたキー
 ワードは、統合後はフレーズ一致として配信されます。
 またこれに併せて、フレーズ一致の動作を拡大し、キーワードの語順による
 制限を廃止します。これにより、検索クエリーに対して柔軟性の高い広告配信
 を実施します。

 マッチタイプの統合によるキーワード運用工数の軽減に加えて、フレーズ一致
 の動作拡大により広告効果の向上を期待できます。ぜひご活用ください。

4. 統合の予定:
 マッチタイプの統合には、いくつかの段階を予定しています。各段階の予定は
 以下のとおりです。なお、時期は変更になる場合があります

 ・2021年6月ごろ
  絞り込み部分一致のキーワードの動作を、フレーズ一致のキーワードの動作
  に切り替える変更を開始します。
  ※変更は順次実施します。お客様のアカウントのキーワードがいつ変更
   されるかについてはお答えできません。
  ※変更後に絞り込み部分一致で入稿したキーワードは、フレーズ一致のキー
   ワードとして動作します。

 ・2021年7月ごろ
  絞り込み部分一致のキーワード作成を停止します。

5. 補足:
 ・フレーズ一致への統合後も、絞り込み部分一致のキーワードは、広告管理
  ツール、キャンペーンエディター、Yahoo!広告 API上で引き続き「絞り込み
  部分一致」として表示されます。

 ・絞り込み一致とフレーズ一致で同一のキーワードを設定している場合、
  フレーズ一致への統合によってキーワードが重複するため、キーワードごと
  の配信実績が低下する場合があります。
  運用中のキーワードをご確認のうえ、必要に応じてキーワードの整理を
  ご検討ください。
  また、今後のキーワード作成時は、フレーズ一致の選択をおすすめします。

 ・この件について、詳細は以下の資料をダウンロードのうえ参照してください。
  https://s.yimg.jp/images/ads-promo_edit/support/pdf/202104_YSA_matchtype.pdf

                              以上