ディスプレイ広告 動画再生後のコンバージョン測定方法を変更

文書管理番号:APIJ-FY21-2107

お客様各位

平素は弊社サービスに多大なるご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

このたび弊社では、ディスプレイ広告において動画再生後のコンバージョン
測定方法を変更いたします。
詳細を下記のとおりお知らせいたしますのでご確認ください。

今後ともYahoo!広告をよろしくお願いいたします。

               記

1. 対象サービス:
 Yahoo!広告 ディスプレイ広告

2. 実施日(予定):
 2021年4月13日(火)
 ※日程は変更になる場合があります。

3. 概要:
 動画再生後のコンバージョン測定方法を以下のとおり変更いたします。

 (変更前)
  コンバージョン発生前の最後のアクションに対して、コンバージョン
  が計上されます。

  例1:動画再生→広告クリック→コンバージョン発生
    広告クリックに対してコンバージョンが計上されます。
  例2:広告クリック→動画再生→コンバージョン発生
    動画再生に対してコンバージョンが計上されます。

 (変更後)
  コンバージョン発生前のアクションの中で、広告クリックに対して
  優先的にコンバージョンが計上されます。

  例3:広告クリック→動画再生→コンバージョン発生
    広告クリックに対してコンバージョンが計上されます。
  例4:動画再生→コンバージョン発生
    動画再生に対してコンバージョンが計上されます。

 これにより、自動入札の最適化における活用可能なデータを増やし、
 動画を利用した広告の配信精度改善が見込めます。

4. 一部指標における数値の変動について:
 本変更によりパフォーマンスレポートや、一覧画面に表示されるパフォー
 マンスデータの一部指標において、数値の傾向に変動が生じる可能性が
 あります。
 対象となる指標は以下のとおりです。

  ■コンバージョン
  ・コンバージョン数
  ・コンバージョン率
  ・コスト/コンバージョン数
  ・コンバージョンの価値
  ・コンバージョンの価値/コンバージョン数
  ・コンバージョンの価値/コスト
  ・クロスデバイスコンバージョン数

  ■クリック経由のコンバージョン
  ・コンバージョン数(クリック経由)
  ・コンバージョン率(クリック経由)
  ・コスト/コンバージョン数(クリック経由)
  ・コンバージョンの価値(クリック経由)
  ・コンバージョンの価値(クリック経由)/コンバージョン数(クリック経由)
  ・コンバージョンの価値(クリック経由)/コスト

  ■全てのコンバージョン
  ・コンバージョン数(全て)
  ・コンバージョン率(全て)
  ・コスト/コンバージョン数(全て)
  ・コンバージョンの価値(全て)
  ・コンバージョンの価値(全て)/コンバージョン数(全て)
  ・コンバージョンの価値(全て)/コスト

 変動が発生するのは、実施日以降にコンバージョンとして計上された
 数値が対象です。実施日以前に計上された値の変更は実施しません。

5. ディスプレイ広告 APIについて:
 (対象バージョン)
  現在公開中の全てのバージョン

 (影響内容)
  ReportDefinitionServiceで取得できるパフォーマンスレポート、
  およびStatsServiceで取得できるパフォーマンスデータについて、
  項番3、4に記載の変更が適用されます。

                              以上